sala SALA GROUP

HOME > 採用情報 > CHUBUの人々 > インフラ環境部 > 宮澤 佳拓

CHUBUの人々

明日の未来都市をつくっている 先輩たち

中部の仕事のフィールドは、
企業活動や家庭の暮らしの土台となる部分です。
あなたの街をつくる楽しさ、あなたが街を
つくる楽しさが、ここにあります。

サーラの看板を背負って仕事をしている、
という責任も生じます

自分の提案が
ビルやマンションに反映される手ごたえ!

宮澤 佳拓 / 2015年入社

インフラ環境部

中部のCはCanのC!

まずは、自分の可能性を信じること。出来る!という強い意志を持って仕事に臨むことが大事だと思います。派手でなくてもいいと思います。地道な努力を重ねていくことで、思いを叶えることがきっとできるんじゃないかな。

 

ご利用者や住まい手の皆さんの笑顔を思って
インフラ環境部では、自動ドアや機械式駐車場をはじめ、建築金物全般を幅広く扱いますが、ビルやマンションは実に様々なパーツが組み合わさって構成されている、ということをこの仕事を通じて実感します。膨大な数に上るこれらの建材や金物を適材適所に効率よく、予算をふまえた上でご提案し、販売はもとより施工・保守点検までをワンストップで引き受けるのが、私たちの仕事です。
実はセンスを問われる仕事
建材や金物は、普段あまり意識することのないパーツですが、実は建物のグレード感や印象を左右する重要な要素と言えます。たとえば大型マンションであれば、成約率に貢献できるような仕上がりを意識するなど、構造面の知識に加えて空間に対する美的感覚も必須のスキルとなってきます。私たちの仕事は、建物がほぼ完成する段階の最後の仕上げがメイン。公開間近の新築マンションをいち早く見ることができるのも役得です。完成間近のビルやマンションに、自分が提案した金物類がしっくりと収まった時は「やった!」とうれしくなりますね。
さらに、単にお客様からの注文を受けるだけではなく、お客様のニーズを察し、よりよい提案をしていくためには、日ごろからの洞察力がものを言います。休日に街を歩いていても、インテリアの流行をチェックしたり、新しいビルが出来たらまずは出かけてみたり…。社会の動きに敏感になり感覚を磨くことも仕事のうちです。
中途採用もハンディなし
私は中途採用で中部に入社しました。前職が金物商社だったこともあり、比較的スムーズな移行と言えると思います。中部にはサーラのブランド力という圧倒的な強みもあり、業界は同じでも仕事のフィールドはぐんと広がりました。ただし、同時に目の前のお客様はもちろん、ご利用者や住まい手の皆さんに対し、サーラの看板を背負って仕事をしている、という責任も生じます。
インフラ環境部の仕事が中部の評価を高め、サーラグループの一員としてより一層活躍のフィールドを広げていけるように、営業活動にもこれまで以上に積極的に取り組んで実績を上げていくことが目標です。
就活中の学生へのメッセージ
新卒、中途採用にかかわらず、自分の考えを持ち、一緒になって部署を盛り上げてくれる元気な仲間を増やしていきたい!住宅業界を目指している人もチャレンジして欲しいです。