sala SALA GROUP

HOME > 採用情報 > CHUBUの人々 > キャリア > 山村 大輔

CHUBUの人々

明日の未来都市をつくっている 先輩たち

中部の仕事のフィールドは、
企業活動や家庭の暮らしの土台となる部分です。
あなたの街をつくる楽しさ、あなたが街を
つくる楽しさが、ここにあります。

まずはやる気、
チャレンジする気持ちが一番です。

お客様に信頼される
情報通信のコンシェルジュになる

山村 大輔 / 2002年入社

情報通信部

中部のCはCreationのC!

IT技術者は、「何のために情報技術があるのか」ということを、忘れてはいけないと思います。オフィスや施設のIT環境を整えるその先には、お客様がいらっしゃいます。

自分たちの手で、お客様にとってベストな環境を創造し提案すること。常に新しいモノやコトを創造し提案していくことで、お客様や街づくりのお役に立てることが、この仕事の醍醐味なんだと思います。

 

実は人を相手にする仕事です。
情報通信というと、専門的なスキルを使ってパソコンの画面だけを相手に仕事を進めているイメージを持つ方が多いかもしれませんね。私たち情報通信部が手掛ける領域は、ソフトやハードが稼働する通信インフラの部分。まずは、お客様の社屋や施設に伺い、どのような業務を行っているのか、何が求められているのか、何が必要なのかを判断することからのスタートがほとんどです。そのためには、難解なIT用語を誰もが理解できる言葉に変換して話せることも必要ですし、お客様とのコミュニケーション能力が非常に重要になってきます。
たとえば銀行マンが担当する企業様の業種について詳しく勉強するのと同じで、お客様の事業内容をしっかりと頭に叩き込み、お客様の目線と情報通信のプロフェッショナルという視点の双方から、予算や納期を含め、ベストなご提案をすることが求められるわけです。当然、保守・点検・更新と言った業務が発生しますから、お客様とは長いおつきあいになります。
私たちの仕事は、実は人を相手にする仕事なんだな、ということを日々実感しています。

文系、女性。誰もが能力を発揮できる分野
私の場合、大学での専攻は経営学で、ITに関する専門知識や技術がほぼ無い状態での入社でした。恥ずかしながら「パソコンを使う仕事がしたいなぁ」との漠然とした思いで入社しましたが、思い切って飛び込んでみて、本当によかったと思っています。情報通信分野はインフラ系の会社の中では、女性も働きやすい分野だと言えるでしょう。実際、中部の情報通信部でも、女性の新人が活躍しています。
働きながらのキャリアアップ
もちろん、情報通信に関する知識や、システムエンジニアの方への適切な設定の依頼等、専門的なスキルは必要不可欠です。中部には、資格取得のためのキャリアプランや通信教育の活用といったスキル構築に役立つ環境が整えられているので、文系からのエントリーも心配はいりません。未経験の分野であっても、情報通信のエキスパートになれる道が開けています。
就活中の学生へのメッセージ
文系、理系、技術系。この分野にはいろんな人材が集まってきて、刺激的です。好奇心にあふれ、お客様のために親身になれる…。そんなフレッシャーに大いに期待しています。