sala SALA GROUP

HOME > 採用情報 > CHUBUの人々 > フレッシャー > 藤田 兼斗

CHUBUの人々

明日の未来都市をつくっている 先輩たち

中部の仕事のフィールドは、
企業活動や家庭の暮らしの土台となる部分です。
あなたの街をつくる楽しさ、あなたが街を
つくる楽しさが、ここにあります。

地元のかたに役立っていると思うと、
もっと頑張ろう!と
前向きな気持ちになれます。

人と現場に
誠心誠意向き合える監督に

藤田 兼斗 / 2014年入社

土木事業部

中部のCはColorのC!

カラーってちょっと抽象的なんですが、自分の色、一人ひとりの個性を大切にしたいという想いからこの言葉を選びました。自分や現場の個性=カラーを引き出し活かすことで、より完成度の高い質の高い工事を手掛けることが今の目標です。

工事の現場を一つにまとめる現場代理人
道路建設、河川水路築造、土地造成、舗装工事をはじめ、付帯する上下水道、ガス管、外構工事など、土木工事と言ってもその種類は様々です。僕の場合、学生時代から地盤システムに興味があり、道路建設事業に関わる仕事ができることから中部への入社を志しました。
現場代理人は、工事の工程管理、現場での安全管理、さらには工事の品質管理まで全てを任される立場です。初めての現場で初めてのメンバーというケースも結構多く、現場には、経験豊富な熟練の職人さんが大勢います。その方たちからすれば、若輩者の僕が現場を指揮するわけですから、信頼してもらえることをまず一番の課題にします。
近隣のかたとも信頼を築く大切さ
現場の沿線にお住まいの方への工事告知も、現場代理人の大事な役目です。いくら暮らしを便利にするための工事であっても、毎日地面を掘る地響きがしたり、交通規制を強いられるとなると、誰だっていい気持ちはしないですよね。けれど、それが結果として快適な暮らしに繋がるということをご理解いただけるように、僕は、いつも一軒一軒ベルを鳴らしてお話をさせていただています。
近隣のかたと顔見知りになり、最初は軽く会釈する程度だったのが、いつしか「今日もがんばってね」と、声をかけてもらえるようになったりします。そんな日は、笑顔になれます。僕が笑顔だと工事現場も明るくなる。工事現場のムードを作っていくことも現場代理人の仕事です。
自分の手掛けた工事が地元に役立つ!
中部の仕事はサーラグループの一員として、大規模な工事を受注する機会も多いので、現場代理人としてその信頼にお応えするプレッシャーが無いと言えば正直嘘になります。けれど、手掛けた工事が両親や友人をはじめ、地元に役立っていると思うと、素直にうれしくて、もっと頑張ろう!と前向きな気持ちになれます。これからも様々な工事の経験を積んで、積極的に資格取得にも取り組んでいきたいですね。
休む時にはしっかりと休む。遊ぶ時には思いっきり遊ぶ。仕事に集中するためにも、メリハリのある暮らしに気を配っています。
就活中の学生へのメッセージ
入社2、3年後から、現場代理人として現場を仕切ることになります。プレッシャーもあるけれど、その分、一つの工事が完了した時の達成感は半端ない!街の基盤となるインフラ部門を一緒に盛り上げていきましょう。元気な人、大歓迎です。