sala SALA GROUP

HOME > 採用情報 > CHUBUの人々 > フレッシャー > 齋藤 成輝

CHUBUの人々

明日の未来都市をつくっている 先輩たち

中部の仕事のフィールドは、
企業活動や家庭の暮らしの土台となる部分です。
あなたの街をつくる楽しさ、あなたが街を
つくる楽しさが、ここにあります。

中部だから「出来る」。
自分だからこそ「出来る」。

竣工時は気分最高
いつかは自分が現場を仕切る

齋藤 成輝 / 2016年入社

設備事業部

中部のCはCanのC!

中部だから「できる」。自分だからこそ「できる」。そんなCANが沢山ある会社だと思います。自分にとっての「CAN」、みんなにとっての「CAN」が何なのかを常に考えて主体的な行動が「できる」。将来はそんなリーダーになりたいです。

信頼できる上司がいる会社
もともと地元の企業への就職を希望していましたが、実は面接の時には中部はいくつかある選択肢の一つでした。職種についてもいろいろ決めかねていた状況だったんです。面接担当者は大勢の学生を見ているから、当然、僕の迷いは感じたと思います。けれど、僕自身の将来の希望や考えをしっかりと聞いてくれて、アドバイスもくださいました。不安でいっぱいだった気持ちが面接によって前向きになれて…。「なんだかいい人だな。こんな上司がいる会社に入りたいな」という想い、サーラグループの一員である安心感も、迷える僕の背中を押してくれたと思います。
毎回新しいことに出会う施工現場
現在は、先輩社員が現場監理をする改修工事の施工現場で、業者間の調整、施工品質の確認、進捗の確認等を担当しています。同じ現場は2つとないので、毎回勉強することが山積み状態で、毎回新しい「ヒヤっ」とか「ドキっ」とかも勃発します。でも、中部ではどんどん現場を任されます。現場の場数を踏むことでしか得られない技術や対応力が鍛えられますよ。
現場では、自分たちの判断に大きな責任がかかってくるので、かなりの重圧を感じる時もあるけれど、部署の上司や先輩がいろいろとアドバイスをしてくれるので、乗り越えられてきたのかな、と。自分でスケジュールや段取りを調整した案件が、スムーズに事故なく思い通りに進んだ時は「やったー!!」という感じ。竣工時のうれしさは何度経験してもいいものです。
オンもオフも充実させたい
オンとオフをしっかり切り替えて、仕事も暮らしも充実させたい、というのが僕の目指すスタイルです。仕事に関しては、少しでも早く独り立ちをして、一つの現場を無事竣工することができるようになりたい!そのためには資格取得にも積極的に挑んでいくつもりです。
学生時代に野球部だったので、オフの楽しみは社外の友人との草野球。最近、会社の野球チームにも入りました。実は中部の野球部は大会で何度も優勝している強豪チーム。なかなか練習できないのですが、試合に出るからには勝てるように頑張りたいです。