sala SALA GROUP

HOME > インフラ環境事業 > 施工実績 > 自動ドアのよくあるトラブル

インフラ環境事業

事業内容

    いますぐ!!点検
    自動ドアのよくあるトラブル

    お客様で対処ができる
    自動ドアのトラブルとその対処方法

    該当するものがある場合は、各事例に記述されている確認・処置を参考にしてください。
    処置を行う時は、必ず電源を切ってから行ってください。

    手動でもドアが動かない。

    考えられる原因 対処方法
    錠が掛ったままになっている。 錠を外してください。
    扉の下に物が挟まっている。 異物を取除いてください。

    手動で動くが自動では動かない。

    考えられる原因 対処方法
    電源が切れている。 電源(ブレーカー等)を入れて下さい。

    開放したまま動かない。

    考えられる原因 対処方法
    補助センサーが作動している。
    センサーの検知物を取除いて下さい。

    勝手に開閉を繰り返す。

    考えられる原因 対処方法
    起動センサーが作動している。 センサーの検知物を取除いて下さい。(自動扉の周りに鉢植やのぼり、風船等、動くものを置かないで下さい。)
    ガイドレール内に異物が詰まっている。 異物を取除いてください。

    扉が途中で止まるor閉じ残す。

    考えられる原因 対処方法
    錠が下がったまま動いている。 錠をあげてください。
    ガイドレール内に異物が詰まっている。 異物を取除いてください。

    扉から異音がする。

    考えられる原因 対処方法
    ガイドレール内にゴミがある。 清掃をして潤滑剤を噴いてください。

    扉がゆっくり動作する。

    考えられる原因 対処方法
    コントローラーにエラーが出ている。 電源を入れなおして下さい。
    電源投入時の初期動作を行っている。 故障ではありません、動作設定を行っています。
    2,3回動かせて直らない時は修理の連絡を下さい。

    処置を行う時は、必ず電源を切ってから行ってください。
    上記の対処方法を確認しても解決できない場合は、以下へご連絡ください。

    自動ドアの保守・メンテナンスお問い合わせ

    お電話の方
    東三河エリア
    TEL0532-31-5688
    浜松エリア
    TEL053-439-3015